あがり症・心療内科に通わずに克服する方法

あがり症は、医学的には対人恐怖症に見られる症状のひとつだとされています。
あがり症をはじめ、緊張・吃音(どもり)・赤面・声の震え・発声発音問題など、コミュニケーション上の課題・問題・悩みを解決するための話し方教室というものがあるのをご存知でしょうか?
あがり症を克服するためのコースを開設しているのが「話し方教室」です。

あがり症の克服方法で最も逆効果なのが、
「あがらないようにしないと」と、あがらないことへのセーブをかけること。
セーブをかければ、かける程、更に失敗してはいけないという自己防衛が働くのですが、失敗に終わるという悪循環になる確立の方が高いのです。

効果的なのは「あがって当然」「あがっても何とかなる」という強い思い込みをつける癖を普段から意識てしてつけておきましょう。
そうすると、人間は不思議なもので本当にそのように思い込んだ通りになってしまうのです。
この時は、声を出して呪文のように唱えると更に効果がアップです。
「大丈夫、大丈夫」と本当は思ってなくてもOKです。声に出す事がポイントです。
これを繰り返すうちに、いつのまにか前向きになっている自分に気付くと思います。そしてなんだか本当に大丈夫な気がしてきた!という状態になっていることでしょう。
あがり症は、身体的な異常というよりは、過去の失敗から来るトラウマが原因となって不安や恐怖に悩まされます。
「考え方」を少し変えてみるだけで、少しずつ楽になっていくものです。

芸能人やアナウンサー、またプロのスポーツ選手やアスリートたちでも、あがり症の人は大勢いらっしゃいます。
人前に出る機会が多い人でさえあがり症に困っているのです。
そういった人たちの多くが自分なりのおまじないやジンクスを実践してあがり症を克服しているのをご存知でしょうか。

スポーツ選手の場合、競技場やコートに立つ前に決まった動作をするといったジンクスを持っている人のことを耳にしたことがあると思います。
これには、それをスイッチにして気持ちを切り替え集中する、という意味もあります。

他に克服する方法として、腹式呼吸も効果的です。
こちらもスポーツ選手がされているのを見た事がある人もいるのではないでしょうか。
呼吸法と言っても難しいことはありません。鼻から息を吸い口からゆっくり息を吐くという腹式呼吸をすることで落ち着きを取り戻せるのです。
特別な道具や準備は必要ありません。
あがり症が起こりそうなときにはすぐに実践できるのが、呼吸法の良いところです。

0

Answers





登録、ログインして回答をお願いします