あがり症~セロトニンの効果

あがり症対策〜セロトニンを増やそう

<セロトニンとは?>
セロトニンとは、心のバランスを整える働きがある、視床下部や大脳基底核、延髄の縫線核などに分布する3大神経伝達物質のひとつです。
また、睡眠をつかさどるホルモン「メラトニン」もセロトニンから合成されます。

このセロトニンが不足しているとどういう症状が出るのでしょうか?
それは、セロトニン不足の人は心のバランスが崩れてしまい、「あがり症(社会不安障害)」や、暴力的になったり、鬱病になりやすく、依存症にもなりやすいことが分かってきました。
ちょっとしたことで不安になってしまうマイナス思考になってしまいます。

<「社会不安障害」診断>
人前に出ると異常に緊張してしまう。
うまく話せない
声がふるえる
手がふるえる
赤面する
動悸がする
息が苦しくなる
過呼吸になる
人に会うのを避けようとする
発汗する
(当てはまる項目が3つ以上ある方は 要注意です!)

<セロトニン足りてる?不足度診断>
1. 猫背である。
2. 頭痛がある。
3. 疲れやすい。
4.たくさん食べても満足感がない、または満足出来ない。
5.太り気味である。
6.朝食は食べない・食べない事が多い。
7.何をするにも億劫である。
8.イライラする事が頻繁にある。
9. 運動不足である。
10.夜中に目が覚めることが多い。
11.緊張しやすい。

あてはまる数が2個以下なら、OKです。
当てはまる数が5個以上の人は要注意!
全部あてはまる方は・・・セロトニンが不足しています。

<セロトニンの摂取>
最近はセロトニンを摂取出来る、トリプトファンを多く含むサプリが出てきました。
勿論、食物から摂取する事も可能です。
そして、何より「規則正しい生活」をおくることが、とても対せるなのです。
しかし、セロトニンが過剰に増えすぎてしまうと、「セロトニン症候群」を発症するおそれがあります。
サプリ服用の量や回数は注意書きに従い、必ず守りましょう。

<セロトニンの効果>
・心のバランスを正常に戻してくれます。
・不眠の改善
・前向きに明るい気分になる

<セロトニンの副作用>
上記でも説明しましたが、セロトニンの過剰摂取は「セロトニン症候群」を発症するおそれがあります。
「セロトニン症候群」の主な症状は「頭痛」「ふるえ」「発汗」「めまい」があります。

セロトニンが不足することと、あがり症はとても深い関係があるのを理解してもらえたと思います。
あがり症は、周囲の人に自分が変に思われているんじゃないか、笑われているんじゃないかという
強い被害妄想ともとれる症状を起こしてしまいます。
これもセロトニンが不足している事が関係しています。

0

Answers





登録、ログインして回答をお願いします