脱!あがり症(社会不安障害)

●社会不安障害とはこんな病気

人に悪い評価を受けるのではないか、悪口を言われているのではないか、笑われているのではないか、人目を浴びることで不安や恐怖、強い苦痛を感じたり、身体に症状があらわれ、そうこうしてる内に人前にでることを避けるようになってしまいます。
このように、日常生活に支障をきたしてしまうことを「社会不安障害SAD:Social Anxiety Disorder」といいます。

以前は、社会不安障害(SAD)は性格の問題や甘えと言われていた事もありましたが、現在は「心の病」だと認識されています。
一般的に少し恥ずかしいと思う場面でも、多くの人は徐々に慣れてきて平常心で振る舞えるようになりますが、社会不安障害(SAD)の人は、恥ずかしいと感じる場面では常に羞恥心や笑い者にされるのではという不安感を常に感じてしまうのです。
そうした場面に遭遇することへの恐怖心を抱えているのが社会不安障害(SAD)です。

初対面の人と話したり、人前でスピーチをしたり、このような状況を苦手とする、いわゆるシャイな人は少なくありません。多くの人は苦手なりに何とか折り合いをつけています。場数をこなすうちに苦手意識を完全に克服できた人も少なくないでしょう。

しかし苦手が昂じて恐怖や強い不安感をもたらす対人恐怖症となると、単なる内気、シャイといった言葉ではすみません。対人恐怖のために人と関わる状況を避けてしまい、親しい友人ができない、仲間に溶け込めない、人と関わる仕事を避けて不本意な仕事につかざるをえないなど、その人本来の能力が生かせなくなってしまうこともあります。

●社会不安障害〜あがり症
SADには「あがり症」「対人恐怖症」などが有名です。
あがり症の人は、名前の通り人前でスピーチをすることや初対面の人と会う、異性の人と話す事も強い恐怖感と不安でいっぱいになります。特に日本人に多い心の病だといわれています。
欧米社会では自分の個性を出し、堂々と自己主張することが望まれる風潮と民族なので、あがり症や対人恐怖症という病気は、今まで認識されていませんでした。
欧米では対人恐怖症を「taijin kyofu sho」とそのままの名で呼んでいたことから、日本人特有の心の病気とされたほどです。

社会不安障害は、思春期に始まるケースがとても多くあります。
異性を意識するようになる思春期は、他人の目が気になりやすいものですが、時にはあがり症や対人恐怖症の人が行き過ぎてしまう場合があるようです。

0

Answers





登録、ログインして回答をお願いします